2016年07月15日

【レポート】クラフト講座 新聞でつくる ぬくもりエコバッグ

DSC02071.JPG

クラフト講座「新聞でつくる ぬくもりエコバッグ」を2016年7月5日(火)に開催しました。

講師は、2005年に野菜の料理サロン「野菜の食卓」を立ち上げ、旬の野菜のおすそ分け用に、新聞で作るぬくもりエコバッグを考案された、白戸啓子さんです。
都内のカルチャースクールやイベントなどで、エコバッグのワークショップを開催されています。
入間での開催は初めてとあってか、今回の講座は、受付開始とともにあっという間に定員に達するほどの人気でした。

白戸さんが参加者一人ひとりの作業状況を見ながら、行程を進めていきました。
紙が徐々に分厚くなっていくので、折り重ねていくのも一苦労。
本体の底部分が完成し、バッグの形が見えてくると、周りの方との会話も弾んで、ますます作業が進みます。

01.JPG

作業を始めてから2時間半、バッグが完成しました!
見た目以上に丈夫な作りとなっています。

最後は希望者のみ、場所を移動して、写真撮影を行いました。

DSC02065.JPG DSC02074.JPG
同じ形でも、色や柄によって雰囲気が異なりますね。

今回の講座で作った形の他に、さまざまな形と大きさのバッグがあり、その一部を展示してくださいました。(詳しくは、白戸さんのホームページ「野菜の食卓」をご覧ください)
どの作品も新聞紙で作ったようには思えないほど、カラフルな柄でおしゃれでした。

白戸さん曰く、何個も作っていくと、本体と持ち手の色の組み合わせや、どの部分を表にしたらさらに素敵に見えるか、だんだん感覚でわかるようになるそうです。

想像以上の仕上がりに参加された方々から驚きの声が上がり、身近な新聞紙が素敵なエコバッグになる過程を存分に楽しんでいただけたようでした。


posted by アミーゴネット at 11:32 | その他イベント アーカイブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ Page Top